初・定例トライアル

翻訳

翻訳関連の会員サービスのひとつに「Amelia(アメリア)」というものがあります。

翻訳には以前から興味があって、翻訳特集の雑誌を読んでみたり、「ほんやく検定」を受けてみたりしたんですが、勉強するにも何からはじめてよいのかわからない状態だったんですね。そういう場合、翻訳の講座を受講して、添削指導を受け、・・・というのがベストなんでしょうが、時間的にも金銭的にもなかなかハードルが高い。

それで、いろいろ見ていたら「アメリア」というサイトを見つけました。翻訳全般に関わる情報だったり、スキルの確認や仕事につながる「定例トライアル」というものがあるということでした。

この定例トライアルは毎月様々な分野から出題されていて、結果は6段階評価でレベルチェックもしてくれる。AAをとるか、1年間にAを2回とるとその分野のクラウン会員になれて、仕事へもつながりやすくなるとのことでした。

とりあえず今の自分の現状を知るためと、定例トライアルでスキルアップを目指そうと、年会費はかかるんですが思い切って入会しました。

それでさっそく定例トライアルを受け、その結果が返ってきました。

分野はメディカルの日→英翻訳。英語での言い回しがどう表現してよいのか難しいので、医学英語論文の表現集みたいな書籍を購入し、わからないところはひたすらGoogleで検索し、なんとか完成させました。

結果はボロボロを想定していましたが、思っていたよりは良かったです。

とは言え、仕事レベルには全くほど遠いのでこれから復習です。ありがたいことに解説がついていて、なぜ解答のような表現をするのか非常に勉強になります。目指せクラウン会員!

タイトルとURLをコピーしました