新年度に向けて

2019年度も残りわずかとなり、4月から新年度がスタートします。

今年度の取り組みを少し振り返ってみたいと思います。

・1000時間ヒアリングマラソン(アルク)

始めて2年が経ちました。1日3時間のヒアリングを行うと1年間で1000時間のヒアリング時間を達成できるというのがこの講座のコンセプトでもあります。実際この1年で確保できたヒアリング時間は345時間。1日平均約1時間でした。開始当初よりはだいぶ増えましたが、もっと細切れの時間を活用していく必要がありそうです。この講座はテキストが「独自テキスト」と副教材の「ENGLISH JOURNAL」がありますが、独自テキストを終えた後、なかなか副教材まで手が回っていないのが現状です。4月からデザインも一新したのでもう少ししっかり取り組みたいです。

・まいにちフランス語(NHKラジオ)

これは9月から始めました。英語以外にもう1種類言語を学びたいと思ったのと、フランス語由来の英単語の記憶にも役に立つかなと思って、思い付きで始めた部分もあります。入門編は月火水の週3日ですが、次週にNHKのアプリでストリーミング放送を聞いています。一応これまですべて聞いていますが、はじめは辞書で調べたり真面目に取り組んでいたのですが、途中から難易度が上がって忙しさを理由にただ聞き流すだけになってしまいました。かろうじて成果を探すと、ニュースでマクロン大統領などが話すフランス語の中に、わずかに聞き取れる単語が出てきたことでしょうか。

・定例トライアル(アメリア)

アメリアの翻訳サイトに登録すると受けられる、実際の翻訳トライアルを模したものです。ジャンルがいろいろあり提出するとレベル判定の結果が返っています。これも今年度から始めましたがメディカルの分野を中心に英日、日英問わず何回か提出しました。結果はばらつきがあって全然なので、過去のも含めてよく復習します。

・CNN10(CNN)

アメリカCNNの高校生向け10分ニュース番組です。これはアメリカの祝日と土日を除く月~金の毎日放送ですが、最近はほぼ毎回見ることができています。アナウンサーが早口なので結構聞き取れていないことも多く、ぼーっと聞いているとさっぱりわからないこともあります。集中力も必要で、内容も時事的で面白いので今後も続けていきたいです。

・TOEIC

今年度は1度だけ受けました。900を目指して勉強したつもりでしたが、800代半ばで足踏みしてしまいました。リスニングのパート2で聞き取りミスが多いのと、リーディングのスピードを上げた分、正確性が落ちてしまったというところです。また英語力が上がった実感が出てきたら受ける予定です。

今年度の印象としては、リスニング・リーディング力ともに現状維持またはやや改善といったところです。一定期間もっと大量に学習して、いわゆるブレークスルーが得られるのかはわかりませんが、来年度はもっと量にもこだわっていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました